読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 マシン紹介

母校のブログでマシン紹介をやっていたので自分も勢いで。

概観

Before(8月)

After(翌2月)

マシン名

Leopard TSR
Leopardは数年前からのシリーズ名。便宜上学園祭では「レパード」で統一。
TSRはTwin moter - Second generation - Right wing(保守的)。

使用モーター

脚:片脚380x2。 アーム:380x2。

脚の説明

去年までの脚機構は段差が苦手なのでヘッケンに鞍替え。
後輩のノウハウを流用しつつ、製作性・耐久性・応答性の観点から改良を加える。脚裏曲線は独自。
ほぼ1日でバンドソーとボール盤で製作した。頑張った。

アームの説明

A4よりやや大きい程度のシールドアーム。負の曲げ*1には硬くなり相手を持ち上げ、正の曲げには柔らかくなり攻撃を受け流す構造。
去年より平坦かつ柔軟に進化した。耐久性は難有りで高専祭で風穴をあけられたが、黒ABSから透明ポリカにし改善。

紹介文

去年のマシンとコンセプトは同じ。去年の学園祭では成績が良かった為、基本は現状維持。大型化に伴う転倒型への変更が最大の違いであり失敗。
脚にトー角が付いているが、これはホイールベースが伸びても旋回性を去年と同じに保つ為で、操縦性を去年から大きく変化させないように注意した。
全ての丘を越えられる範囲で低重心にする為、脚モータやバッテリをフレーム内蔵にした。整備性も高くモジュール化やネジへのアクセスも配慮されている。

成績

  • 東京工科 - ベスト8
  • KHK杯 - 優勝
  • 電気大・大阪工大 - 参加できず
  • 都立高専 - 準優勝
  • 神奈工 - ベスト8
  • 理科大 - 準優勝
  • 学発 - 参加できず
  • もなこ杯 - ベスト8(個人戦)+準優勝(タッグ戦 with K314-7式)

某掲示板の集計によると、去年に引き続き総合優勝らしい。

*1:曲げる方向の話